男子大学生電話占い育毛剤は使える?使ったほうがいい?20歳にならないとダメ?

実は、AGA(男性型脱毛症)の1割は、10代で発生しています。驚くべきデータでもありますが、一方で男性なら「あ、それっぽい人いたな」と、自身を含めて結構心あたりがあるんじゃないでしょうか。また、AGAへのアプローチは、明らかな成長期(中高生に当たる年齢。高校生後半は微妙)を除けば、早ければ早いほど良いとされています。

育毛剤は原則年齢制限ナシ!使えます

単刀直入に言って、育毛剤に年齢制限はありません。具体的には化粧品、医薬部外品に分類される育毛剤であり、育毛剤の大半がこちらに該当します。

医薬品(医師の処方が不要なもの)の場合、15歳以上、20歳以上など製品ごとに制限があります。18歳の大学生であれば、使えるもの、使えないものがありますね。

また、購入手続きに関しても代金引換や銀行振込など、大学生でも楽に行える手法で購入できます。クレジトカードなどはなくても大丈夫(大学生はクレジットカードを作りやすいですが、保護者と揉めるなどがありえますしね)。

専門クリニックでは内服薬なども用いて治療ができますが、こちらは20歳以上が一般的です。自由診療(健康保険の適用とならない)が基本で、費用もそれなりにかかってきます。大学生なら育毛剤から、がお手軽です。

早い段階からアドバンテージを作る!

20代の社会人ですら、いざ育毛に取り組むとなると「早いね」と言われるほど。それほど薄毛を感じないときは特にそう思われがちです。実際それは決して早すぎないのですが、人間はどうしても、悩みなどが表面化してから問題にして取り組むところがあるのです。

薄毛とはどんどん髪の毛が抜けてしまう状況ではなく、たとえば頭皮環境が悪くなり、ヘアサイクルが乱れてくることで生じます。また育毛剤も、「かけたら髪の毛が生えてくる」というものではなく、このヘアサイクルを整える力を持ちます。

また、男性ホルモンから代謝される「ジヒドロテストステロン」が薄毛に関与していることも有名ですが、このあたりにも様々なエキスではたらきかけるのが育毛剤です。こうしたホルモンのはたらきが思春期を超えて落ち着きだすのが、ちょうど高校生半ば過ぎ~大学生あたり。この時期からのアプローチは期待大です。

また、現実的に薄毛が多くなってくる30代、40代になって慌てて様々な知識を詰め込むよりは、それこそ「頭」もよく回転する大学生から取り組んだほうが、何かと効率的です。たとえ結果論として一本買って試してみただけでも、いろいろなことを考え、知るでしょう。

シャンプー、コンディショナーとも合わせて取り組もう

育毛剤がお手軽と書いたものの、それは日常生活に「加える」ものとしての話。すでに日常で使っているシャンプーやコンディショナーを育毛に強いものに取り替えれば、育毛剤と合わせてとてもパワフルにケアできます。

これらのシャンプー等では、優しくていねいに頭皮をケアします。使い慣れると、ごく一般的なシャンプーが頭皮や髪に全く合わない、つまり戻れなくなることも考えられます。もちろん様々な有用なエキスが配合されています。

また、いいシャンプーを使えば、シャンプー時の洗い方が自然と優しくなってくる、これもポイント。18歳あたりの大学生では「髪なんか、何かで適当に洗っていればいいだろう」と考えがちな年頃でもありますが、意識が変化してくるのです。

18歳あたりの年齢では、たとえ毛髪に悩んでいても「ケアはまだまだ早い」と考えがちでもあります。20歳でも、目に見える悩みがさほどなければ、放置しやすくなります。しかし育毛剤はこのようにとても気軽で期待ができるもの。多くの品では年齢制限がなく、かつ一般に使用開始は早いほうが良いのです。

となれば、迷うこともありません。ぜひトライしてみたいものですね!

最後に、育毛剤は「続かない」と悩む人が多いのも特徴です。しかし最近のものは刺激等には十分配慮されています。つまり、何か具体的理由があってやめているのではなく、何となく続かなくなってしまう人もいるのです。その点、早いうちに身に着けた習慣は、なかなか無くなりません。この意味で育毛剤開始のも大チャンスですね。シャンプー類も然りです。

また、もし20代半ばや30代になり、「これまで使ってきた育毛剤だけでは、パワーが足りない」と感じだしてクリニック治療を選ぶなどした場合でも、その段階で育毛剤から始めるよりは、やっぱりラクですよね。