30代からの薄毛ケアを行うなら!女性におすすめの成分と正しいケア方法

30代を過ぎてからに薄毛が起こってしまったという女性は、どう対応していいかわかりませんね。

どんな成分を含んだ育毛剤が効果的なのかを勉強し、正しいケアを実践してみましょう。

30代を過ぎてからは保湿効果の高い育毛剤が効果的

若いときには、皮脂の分泌もよく頭皮も潤いを保っています。
ただ30代を過ぎてくると、頭皮が水分を作り出す能力も落ちてしまうため、どうしても乾燥しやすい状態です。

つまり30代以上の薄毛は、乾燥を解消できる育毛剤を使うのが重要ということになります。

乾燥に効果的な成分として、コラーゲンやプラセンタがあります。
コラーゲンを頭皮に与えると肌の奥に浸透し、水分を増やしてくれる働きが存在します。
今までは乾燥から頭皮の元気がなかった方も、つややハリのある状態に改善できるでしょう。

また、プラセンタは弱まってしまった細胞の働きを活性化してくれる効果が期待できます。

30代以上になり、自ら水分を作り出すことができなくなった頭皮を活性化してくれます。

女性ホルモンを元気にしてくれる成分にも注目してみる

30代で出産される方も多く、ホルモンが大きく変わりやすい時期です。
また、30代の後半に差し掛かってくると、早い方では更年期の兆候も表れるため、女性ホルモンの分泌が落ちやすいです。

このように、女性ホルモンが減少しやすくなると、それに伴って薄毛も起こりやすくなるのです。
薄毛の解消を目指したいなら、女性ホルモンを活性化してくれる成分を含んだ育毛剤を使ってみましょう。

大豆に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きがありホルモンのバランスを安定させるのに役立ちます。

ほかにも、ザクロは女性ホルモンの安定化に効果的です。

ザクロには、女性ホルモンであるエストロンが含まれており、頭皮に使用することで育毛効果をえられるようになります。

使用するときには頭皮に負担をかけないように気を付ける

女性の薄毛に効果的な成分を含んだ育毛剤を使用すれば、若かった時のように黒々とした髪を手に入れることもできるでしょう。
ただ、使用方法に注意しないと逆に頭皮を痛める結果となり、十分な効果を期待することはできません。

まず、育毛剤を使用するときにはマッサージと組み合わせることで効果も高くなります。
マッサージすれば、配合成分がスムーズに毛根に浸透しやすくなりその働きに影響を与えられるからです。
育毛剤を付けた後には軽くマッサージを行ってみてください。

この時、強くもみこむようにマッサージしないことは意識する必要があります。

仕事や家事で時間が取れないとついつい雑にマッサージしがちですが、強い力でもみこむことで頭皮の表面に傷をつけてしまい育毛の妨げになります。

様々な年代の中でも、30代はホルモンの乱れにより薄毛が起こりやすいです。

薄毛の解消を目指すなら、効果的な成分が入っている育毛剤を優しい力で使ってみましょう。